もしも、性交中にコンドームが破損してしまった時は焦りますよね。もしかして妊娠しちゃうかも・・・などと思ってしまいます。しかし、今では便利な薬剤があり失敗してから72時間以内にアイピルという薬を服用することで妊娠することを防ぐことができます。いつ何があるか分からないのでアイピルを常備しておくと便利です。

  • ホーム
  • アイピルは避妊効果は抜群、でも性病予防にはならない

アイピルは避妊効果は抜群、でも性病予防にはならない

女性

健康な男女が性交渉をすると、妊娠をする可能性があります。結婚をしていたり、将来を共に生きるといった約束をしているカップルであれば、妊娠をすることがとても喜ばしいことであると感じるのですが、そうでない場合には困ってしまうことも有るでしょう。
日頃から避妊をしていればいいのですが、そういったことをしていなかったり、避妊に失敗してしまったりしたときには、緊急用の避妊薬などを使ってみるという方法があります。
中でも、性交渉をしたあとに妊娠の可能性がある場合に72時間以内に服用する避妊薬として、アフターピルがあります。
これは中用量のホルモン剤を含んでいる錠剤であり、もしも受精卵ができてしまっても、それを子宮に着床することを防ぐことができるものなのです。
この服用は早ければ早い方が効果的であるといわれており、特に24時間以内の服用では高い確率で避妊することができるのです。
数多くあるアフターピルでもよく知られているものとしてアイピルという避妊薬があります。
こちらは産婦人科などで処方してもらう方法のほかにも、海外からの個人輸入に限り、入手が可能になっている薬になります。
個人輸入といっても難しいものではなく、代行してくれる業者があるため、購入する側としては一般的な通販サイトと仕組みは何も変わりません。
アイピルは人気で、使用しているの方も増えてきているようです。
しかし、低用量や中用量のピルの服用全般でいえることして、避妊効果が極めて高いというメリットがある一方で、性病などに対しては効果がないのものでもあります。
ですから、性病の予防のためにも、日本で一般的な避妊方法として知られるコンドームの使用をすることをおすすめします。
アイピルと併用することで、妊娠を避けることができ、さらには性病の予防にもなるのです。

アフターピルは事前に用意を!

場所や天候状況等にもよりますが、海外からの個人輸入代行サイトでも注文から商品到着まではそんなにかからないようです。
アイピルの通販は届くのも早い

関連記事