もしも、性交中にコンドームが破損してしまった時は焦りますよね。もしかして妊娠しちゃうかも・・・などと思ってしまいます。しかし、今では便利な薬剤があり失敗してから72時間以内にアイピルという薬を服用することで妊娠することを防ぐことができます。いつ何があるか分からないのでアイピルを常備しておくと便利です。

  • ホーム
  • 海外ではもっと多い?性的暴行事件

海外ではもっと多い?性的暴行事件

手術室

性的暴行事件は、日本のみならず、世界中で問題となっています。
海外での性的暴行事件は、日本の件数と比較しても、その何十倍もの件数で事件が発生していると言います。
特にアジアで最も性的暴行事件が多いとして問題となっているのが、韓国です。2011年には、韓国の性的暴行事件が日本のおよそ43倍という数字がでています。
その数字は、アジアで第1位、世界的に見ても第4位という最悪の数字なのです。
一般的に、性的暴行事件は、発展途上国に多いと考えられています。
国が発展するにつれて、性的暴行事件の件数というのは減少傾向にあるのです。
これは、日本においても例外ではなく、日本の強姦事件の件数については、1964年をピークに減少しているのです。
しかし、韓国は、国が発展している中でも、そのような事件が減少せず、かなり問題となっています。
もちろん、日本でも、性的暴行事件は深刻な問題となっています。
また、韓国以外にも、海外には性的暴行事件が多く発生している国はかなり多いのが事実です。
海外では、観光客を狙った事件も多発していますので、特に海外へ旅行へ行った際にはそのような事件に巻き込まれないよう注意を払わなくてはなりません。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧